タトゥーが親にばれた場合の対処方法

一般的な話で言えば、「子供がタトゥーを入れたい」と言い出した際、親は、まず、反対するかと思います。その時、親を説得してタトゥーを入れる人も少なく、多くの場合は、親に言う事なく、タトゥーを入れた結果、数年後、いいえ、数か月後、タトゥーが親にばれた悲劇が訪れる事が多くなってきます。

もちろん、隠し通す事ができる人もいるかと思いますが、特に親と同居している場合は、見えやすい場所にタトゥーがある場合は、やはり、親にばれる覚悟はしておいた方が良いかと思います。

そして、その際の言い訳?理屈もしっかりと考えておいた方がいいでしょう。きっと、タトゥーが入っている事に気付いた親は、怒ってくると思います。

正直、入れた後にとにかく言われても、簡単に消す事もできない為、あまり、意味がないのですが。それでも、親は何も言わずにはおれず、色々と言ってくるかと思います。

そんな時、タトゥーを入れた本人が後悔していない。また、何らかのポリシーがあって入れたと言う事を明確に親に伝えることが大切です。例えば、自分が何らかの決意を持って、タトゥーを入れた場合は、その事を素直に話す事も大切です。

反対に、ファッションの一部として入れた場合も、素直にその事を話してみると良いかと思います。

とは言っても、何を話しても、タトゥーが親にばれた場合は、すぐに理解してもらう事は難しいかと思います。中には、あまり気にしない親もいるかも知れませんが、やはり、そんな親は少数派かと思われます。

そのような事から考えても、親にタトゥーがばれた場合は、すぐに許してもらおう、わかってもらおうとは期待せず、まずは、自分の考えを伝え、その後、親の出方を見て行くしかないかと思います。

時間が経つにつれ、理解してもらう事もできるかも知れません。反対に一生理解してもらう事が出来ないかも知れません。
その為、タトゥーを入れる前は、そのような親との確執が発生する可能性もあると言う事を考えた上で、決断する事も大切です。

最終手段としては、治療をして消す事も視野にいれておきましょう。