タトゥーを親に内緒で入れている理由

タトゥーを入れている人の中には、親に内緒にしている人もいると思います。と言ううよりも、親に内緒している人の方が多いのではないでしょうか。

そんな、タトゥーを入れている人が親に内緒にしている理由はと言うと、断トツ1位だと言える理由が、「反対されるから」になっています。

親世代にとって、タトゥー=入れ墨=反社会勢力と言ったイメージを持っている人も多い他、タトゥー自体は、ファッションの一部だと言う認識はあるものの、やはり、自分の子供の体にタトゥーがある事には、抵抗がある人も多くなっています。

そんな事から、「タトゥーを入れたい!」と親に話した多くの人が猛反対され、中には、勘当するとまで言われる事も少なくありません。それほど、親は、自分の子供がタトゥーを入れる事に抵抗があるのです。

その為、親に内緒でタトゥーを入れる人も多く、その結果、いつ、カミングアウトすれば良いのか迷う人もいるようです。

もちろん、一生隠し通す事も可能な場合もありますが、タトゥーが入っている場所や一緒に温泉に行くような事があった場合、隠し通す事は難しく、いつかは、知られてしまうと言う事が多くなっています。

そのような事から考えれば、やはり、親には反対されても、説得してからタトゥーを入れた方が良いかと思います。自分自身、何も悪い事をしていないと思うのならば、親に内緒にする必要などありません。

親は、タトゥーに限らず、色々な事で子供に口出しするのが仕事です。そんな風に考えれば、怒られ、反対される事を承知で、素直に話して入れた方がスッキリすると思います。

タトゥーを親に内緒で入れる人の中には、「親を悲しませたくないから」と言う人もいました。そんな風に思うのなら、親の悲しむタトゥーを入れるべきではないと思います。親が悲しんでも、どんな風に思っても、言われても、「入れたい!」と思える事ができた人だけ、本当にタトゥーを入れる事ができる人だと思います。

もしタトゥーを入れてしまった後に後悔して除去したい場合はhttp://xn--88j6hzcqb1sm534a.net/のサイトを参考にしてみると良いと思います。